printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

内省と対話

組織の一体感が希薄である、コミュニケーションが難しくなった、セルフコントロールできない人が増えている等と、仕事を進めるうえで困難な状況が増えてきています。

こういった現状を変えていくには、一人ひとりがまず自分を知り、他人を知ることが出発点となります。

特に組織をリードするマネジャーにとっては不可欠なことで、自分を見つめること、すなわち内省の習慣が大切です。しかし、ただ自分を見つめるというのは容易ではなく、自分の行動という事実をベースに振り返ることが有効です。

内省する時に重要なのは、次の2点です。

1. 事実と感情を峻別して振り返る
人の記憶は五感をベースにした感情とともに埋め込まれているので、まずは事実と感情をわけることから始めます。客観的事実を取り出すことができれば、なぜその時に自分の中にその感情が沸き起こったのかを振り返り、分析することが可能になります。自分の中にある固定観念に気づく第一歩なのです。
2. 過去と現在それぞれの感情を振り返る
客観視を始めると、「今思うに・・だった」という気持ちが生まれてくることがあります。今度、同じ状況になったら次はこうしようという、より良い行動への気づきが生まれます。

このプロセスは自分でも行えるのですが、より効果的に行う手段が対話です。

1対1でもよいのですが、自分が振り返った内容を開示することによって多くのフィードバックを得ることが可能になるので、できれば複数の人に投げかけることが望ましいと言えます。話し手は自分の内省のプロセスを開示し、それに対して聴き手は自分と対比しながら、問い返したりフィードバックを行ったりします。

このサイクルを繰り返していくことによって、自らの経験に学ぶ「経験学習」のサイクルが身についていきます。内省したことを日々の実践の中に活かすことによって、もう一段高いレベルの経験が生まれ、新たな内省が可能になります。

この時、内省がルーチン化することを避けるために、常に定期的に新たな刺激(視点)を外から呼び込んでくるしかけはとても大切で、これが限りない成長の原動力になります。

経験学習のサイクル

前のページ
マネジメントは経験の科学

次のページ
つながり力

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.