printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

メールマガジン(2015年11月)

2015年11月25日配信
この1年間、どうでしたか。ワクワクする会社に近づいてきましたか!? 2015年11月25日

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

日本最大のHRイベント、「日本の人事部 HRカンファレンス 2015秋」が開催され、
高橋が講演いたしました。
「コネクティングリーダーへの転換~未来をリードする新たなマネジャーの創造~」と題し、
未来のリーダーについてお話いたしました。
これからの20年、情報技術の発達はさらに判断や創造の質を高め、組織のあり方、
人の働き方にも影響を与えていきます。
人だからこそできることは何かを考え、そこに現場の知恵と思いを集め、
組織的な動きに変える新たなリーダー像が求められています。
次世代を担う30代、20代がこの先どのようなリーダーやマネジャーになっていくべきか。
そのために私たちは今何をなすべきか。

コンセプトだけでなく、ジェイフィールでの取り組みについても紹介し、
参加者からは
「事例の紹介がよかった」
「理論に納得感があった」
「共感した」
「改めて考えるきっかけになった」
といった声をいただきました。

講演の最後に「自己実現<自己超越」の話がありました。
これはアメリカの心理学者マズローの言葉です。
マズローは晩年に、自分が属するコミュニティの発展を望む段階を提唱しました。
自分の範囲を超え、仲間の幸せが自分の欲求と一致するような段階。
これが自己実現の上の段階、自己超越だという話でした。
世界が混沌としている今こそ、求められていることだと思いました。

未来について、もっと一緒に考えたいという方、
みんなと対話してみたいという方、
今年一年の締めくくりとして、フォーラムをご用意しております。
この1年を振り返り、組織と人の未来を語り合おう!」フォーラムを
12月18日に開催いたします。
ぜひ、ジェイフィールへお集まりください。

------------------------------------------------

【目次】

1)【無料セミナー】
この1年を振り返り、組織と人の未来を語り合おう!
~ワクワクする会社に、近づいてきましたか?~

2)【無料セミナー】
ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクション・ラウンドテーブル』体験会

3)その他、セミナー

4)What's NEW!!

5)編集後記「後悔することが一番のリスク」

------------------------------------------------

【無料セミナー】
この1年を振り返り、組織と人の未来を語り合おう!
~ワクワクする会社に、近づいてきましたか?~

------------------------------------------------

 今年の3月、弊社の高橋、重光が共著で「ワクワクする職場をつくる」という本を
出版しました。
ジェイフィールとしても、「ワクワクする職場、会社づくり」をお手伝いする
本格的なスタートの年にしたいと思って、活動してきました。
そうはいっても、関係革新、仕事革新、未来革新、それぞれの職場、
会社の状況に応じて、革新フェーズも異なり、しっかりとした関係の
土台づくりからという企業もまだまだ、たくさんあります。
でも、どこかで前向きな感情の連鎖を起こして、未来に向けて
前向きにチャレンジする組織へ変わろうと動き出していく企業が増えてきました。

 手ごたえを感じておられる方、まだまだ道半ばの方、かえって悩みが深まった方、
いろいろおられると思いますが、ぜひみんなで集まって、この1年を振り返り、
あらためて私たちは未来に向けて何をすべきか考えていきませんか。

【日時】2015年12月18日(金)15:00~17:30(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_82.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】
ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクション・ラウンドテーブル』体験会

------------------------------------------------
どうしたら、マネジャーが育つのだろうか?
どうしたら、もっと組織がいきいきとするのだろうか?
奥の深い問いであり、決してひとつの正解があるものではないと思います。

リフレクション・ラウンドテーブルは、この2つの根源的なテーマに取り組むプログラムです。
2007年からスタート、ここまで、約50社1500名のマネジャーが参加してきました。
リフレクション・ラウンドテーブルでは、
自分のマネジメントに真摯に向き会うと共に、参加者同士の関係を深めていきます。
この2つが、マネジャーの力になり、マネジャーと組織の自主的な変容を促して行きます。
是非、この機会にその一端をご体験下さい。お待ちしております。

【日時】2015年12月16日(水)14:00~16:30(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_80.html

------------------------------------------------

3)その他、セミナー

------------------------------------------------

【無料セミナー】
どうすればミドル・シニア社員が輝きを取り戻せるか?
~キャリア後半戦に向けてのモチベーションUPのカギとは?~

【日時】2016年1月19日(火)15:00~17:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_83.html

------------------------------------------------

リフレクション・ラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース ◇◇

【日時】2016年2月15日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2016年2月16日(火)9:30~17:15(開場 9:15)
※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_73.html
【参加費】¥150,000(消費税別)

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

11月13日 どうすればミドル・シニア社員が輝きを取り戻せるか?
~キャリア後半戦に向けてのモチベーションUPのカギとは?~

【写真あり】11月13日 11/9~10の2日間に亘り「リフレクション・ラウンドテーブル」
ファシリテーター養成講座ベーシックコースが開催されました。

【写真あり】11月20日 HRカンファレンス 2015秋
「コネクティングリーダーへの転換」高橋が講演いたしました。

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

「後悔することが一番のリスク」

先日、池上彰氏講演「アジアの未来のつくり方」というシンポジウムに行ってきました。
ASEANの経済統合を前に、
日本が発展を支援をしてきたASEAN諸国がひとつの経済地域になることでどんな未来が生まれるのか?
というのがテーマでした。

ASEAN諸国の発展は日本の1950年代~70年代に相当します。
言語も宗教も違うこれらの国が経済統合するのを前に
日本のグローバル教育、グローバル経営とは!?

パネリストにはバングラディッシュ、ラオス、中国など
各国で活動をしている方々がいろいろな経験を語ってくれました。
日本では考えられないようなことが普通に起きる。
そんな中で、彼らから学ぶことも多い。
ないないづくしの国で、仕事の原点に気付くこともある。
変わらなきゃいけないところと、変わってはいけないところ、
それをどう伝えるのかが大事。
これからのグローバルは多様性を認めて受け入れないとできない。

特に発展途上の国で仕事をすることは大変な苦労とリスクが伴います。
なのになぜ、安定した仕事を捨てて挑戦するのか、と池上氏が質問したとき、
パネリストの1人、NPO法人クロスフィールズの代表理事 小沼大地氏が
「後悔することが一番のリスク」
だと答えました。

今回のメルマガのタイトルは
「この1年間、どうでしたか。ワクワクする会社に近づいてきましたか!?」
です。
皆さまはいかがでしょうか。
今年も何も変わらなかったという方も、来年は同じ後悔をしないために
まずは振り返りをしてみてはいかがでしょうか。
今年の後悔を来年も後悔するのは避けたいものです。

2015年11月9日配信
あなたが考えるグローバル・スタンダードは本当にスタンダードなのか!? 2015年11月2日

平素よりメールマガジンをご覧いただき誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

グローバルという言葉に対し、皆さまはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
多くの企業で旧来型のグローバル化を進める弊害が出ています。
弊社コンサルタント 佐藤は、コラム「ニッポンが世界を元気にする」で
グローバルについて書き続けています。
キャリアの半分以上を海外で過ごしてきた佐藤曰く、
「今、グローバルは、「いきなり世界」の時代。」です。
自分がグローバルだと思っていたことが、
今やそうではない考え方だと言われてしまうかもしれません。
今のグローバル、多様な世界、ミレニアル世代、新しいリーダー・・・
グローバルとは、何なのでしょうか。

11月13日にグローバルをテーマとしたセミナーを開催いたします。
講師は重光と、コラムを書いている佐藤です。
今日本が抱えている課題や、それに対する取り組みを考えるセミナーとなります。
ふるってご参加ください。

------------------------------------------------

【目次】

1)佐藤のコラムより

2)【無料セミナー】
グローバル化を進める本社・研究開発部門のあり方
~多くの企業で旧来型のグローバル化を進める弊害が出ています~

3)その他、セミナーのご案内

4)編集後記

------------------------------------------------

佐藤のコラムより

------------------------------------------------

かつて、グローバルは、本国で売れたものを、段階的、国別に
「外国」に持っていくことだった。
けれど今、グローバルは、「いきなり世界」の時代。
当然、グローバルにおけるリーダーの考え方も変わってくる。
以前、「グローバル・リーダー」とは、
「資本主義xグローバル化xネットワーク化」で生まれる
<新しい秩序>や<システム側 >のリーダーとなっていくことを意味した。
けれど、近年は、逆に、巨人化するグローバル資本主義の中で生まれる歪みや格差、
超管理社会(ディストピア)化が進む中で叫ぶ誰かの声に応えるために
<マルチチュード側>や<社会起業家的>なリーダーになることが、
特に若い世代を中心に、広まった。
これからは、その近代的二項対立を越え、
<両者をつなぐ立ち場>のリーダーが必要になってくるのかもしれない。
その立ち場に、世界で最も一番近い位置にいるのが、
日本の新世代(ニュー・ジェネレーションズ)。
年齢に関わらず、その可能性を持った人々に出会う機会が増えた。
いずれの選択にしても、これからのグローバル・ リーダーに求められる要件は、
『文化や世代を越えるコミュニケーション力』。
それは、討論や多数決で片をつけるようなモダン(前世紀的)なコミュニケーションではない。
ましてや軍事力や権力を背景にした交渉や圧力でもない。

もっと人間的なダイアローグ。

佐藤のコラムはこちら

------------------------------------------------

【無料セミナー】
グローバル化を進める本社・研究開発部門のあり方
~多くの企業で旧来型のグローバル化を進める弊害が出ています~

------------------------------------------------

当セミナーでは新たなフェーズを迎えているグローバル化において、
本社スタッフや研究開発部門のメンバーたちがどう進化すべきかを考えていきます。
自分たちがやってきたことを海外に持っていくだけでなく、
海外のスタッフとの対話とコラボレーションを進めていこうとしたときに、
単に英語や異文化知識、MBA的思考を身に着けただけでは
彼らとともに進化する動きが生まれないのです。

新たな気づきと、今できるアクションを一緒に考えていきましょう。

【日時】2015年11月13 日(金)15:00~17:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_81.html

------------------------------------------------

その他、セミナーのご案内

------------------------------------------------

【無料セミナー】
ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクション・ラウンドテーブル』体験会

【日時】2015年12月16日(水)14:00~16:30(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_80.html

------------------------------------------------

リフレクション・ラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース ◇◇

【日時】2016年2月15日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2016年2月16日(火)9:30~17:15(開場 9:15)
※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_80.html
【参加費】¥150,000(消費税別)

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

私の義弟はバンコクに駐在しています。
日本人はほとんどおらず、タイの人たちに囲まれて仕事をしています。
日本人とは様々な面で異なる彼らに驚くこともあるようですが、
「へぇ~、こっちはそうなんだ。と思ってます。」
とさらっとしたもの。
日本のやり方を学んでほしい、少しはこちらに合わせてほしい、
といった考えはなさそうです。

彼が受けたグローバル研修は語学研修(英語)のみでした。
「もっとこんな研修やってほしかった、と思うことはある?」と聞いても
「ないです。行けばわかるから。」と、
日本と海外の垣根がない様子。
実は語学研修もあまり役に立っておらず、実際に必要なのはタイ語でした。
コミュニケーションはどうしてるのか?仕事になるのか?
「コミュニケーションは一回飲めば大丈夫。仕事も絵を書いたりしながらなんとか。
読み書きは難しいけど、話すことはできるようになってきた。」

「何も問題ないですけど、何か?」
といった彼の空気感に、これがグローバルなのか??と
ひとつのヒントを見たような気がしています。

2015年11月2日配信
変革の鍵はトップダウンでもボトムアップでもない。
中間管理職によるミドルアウト 2015年11月2日

平素よりメールマガジンをご覧いただき誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

「組織に変革をもたらすのは、現場に近いところにいて、
現場に関与しているミドルマネジャー、つまり中間管理職だ。
変革は"ミドルアウト"によって達成される。」

これは世界的な経営学者ヘンリー・ミンツバーグ教授の言葉です。
トップダウンでもボトムアップでもない、"ミドルアウト"。
上も下も見ることで、全体像をとらえて、最適なマネジメントを行うことができる
優秀なマネジャーが変革の鍵を握っていると教授は言っています。

組織変革において重要なマネジャーの育成。
そのためには、マネジャー同士がお互いの経験から学ぶことが原動力になる。
リフレクション・ラウンドテーブル(グローバルでの名称は、コーチング・アワセルブズ)は、
こうした問題意識から、ミンツバーグ教授が開発したプログラムです。

今回は、リフレクション・ラウンドテーブル(以下RRT)のセッションを
運営できる人を養成する講座
RRT認定制度 ベーシックコース」をご案内いたします。

------------------------------------------------

RRTとは

------------------------------------------------

マネジャーの育成にとって大切なのは、経験から学ぶ力だ。
しかも、一人で内省するだけでなく、
同じ立場にいるマネジャーがお互いの経験を持ち寄り、
お互いの経験から学んでいく。
こうした取り組みが、マネジャーを変え、会社を変えていく原動力になる。

ミドルマネジャーが、毎週会って、お互いの経験を持ち寄り、
共感し合う仲間になっていく。
そこに世界中の学者の知恵が結集したテキストをもとに、
新しい視点が組み込まれていく。
こうした活動を通じて、参加者が自信を持って日々のマネジメントと対峙し、
さらに大きな動きの中心になる。
こうしたマネジャーづくりのための実践プログラムです。

1回75分のセッションを20~30回繰り返します。
予習も復習もいりません。

「リフレクション・ラウンドテーブル」について詳しくはこちら

------------------------------------------------

RRTをやるとどうなるの?

------------------------------------------------

RRTでは、参加するマネジャーは同じ悩みを抱えている状況をお互いに理解します。
同じような境遇で頑張っている姿に励まされ、時には自分の奮闘振りを認められる。
この繰り返しによって、メンバー間に強固なつながり、
お互いを支え合うコミュニティができていきます。

このコミュニティは、各自の職場での行動の支えとなります。
会社に共通する課題に対しては、ともに改革していく担い手として変化していきます。
本プログラムは単なる研修(教育)ではなく、
学びを実践に変える力を持っています。

実際、セッションを重ねると2・3ヶ月で発言内容に変化が見られます。
そして、その後、職場での本格的な行動変容を起こしていきます。

------------------------------------------------

「RRT認定制度 ベーシックコース」について

------------------------------------------------

マネジメント能力開発の新基軸であるRRTの考え方と、背景にある理論を理解し、
セッションを運営できる人を養成する講座です。
RRTの概要の理解を目的とします。
RRTの骨格である、5つのマインドセット、ベースにある理論、
具体的運営方法について学びます。5つのマインドセットの内、
代表的テーマについて、セッションを体験頂きます。

【参加費】¥150,000(消費税別)

【開催日程】※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

2015年11月9日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2015年11月10日(火)9:30~17:15(開場 9:15)

2016年2月15日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2016年2月16日(火)9:30~17:15(開場 9:15)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)

【お申込み】/seminar/detail/post_73.html

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.