printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

About us

メールマガジン

お問い合わせ

バックナンバー 一覧

メールマガジンに登録する

メールマガジン(2016年1月)

2016年1月26日配信
本日NHK「首都圏ネットワーク」でNTTコミュニケーションズ社の取り組みが紹介されます! 2016年1月26日

<お知らせ>

前回のメルマガで1月22日の「おはよう日本」の"働き方改革"にて
NTTコミュニケーションズ社のベテラン社員活性化への取り組みが紹介されると
お知らせいたしましたが、大雪の影響で放送日時が変更になりました。

以下の日程で放送予定です。
「おはよう日本」だけでなく、本日の「首都圏ネットワーク」でも
放送されることになりました。

■1月26日(火)18:10~19:00
首都圏ネットワーク(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県エリア放送)
※放送は18:40ごろから6分程度を予定しています。

■1月30日(土)07:30~08:00
おはよう日本(関東甲信越地方放送)
※放送は07:36ごろから8分程度を予定しています。

なお、放送日時や内容は予告なく変更する場合がございますので、
予めご了承ください。

(シニア層パワーアッププログラムについてはこちら

------------------------------------------------

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

NHKから取材を受けたNTTコミュニケーションズ社では
ベテラン社員活性化に積極的に取り組んでおり、
推進担当者の浅井公一様にはジェイフィールのセミナーでも登壇していただいたことがあります。
(取り組みについてはこちら
先日撮影していただいた「キャリアデザイン研修」には50歳のベテラン社員が参加し、
これからのキャリアに向けて、今までとこれからを深く考えていただきました。
ポイントは「キャリアの棚卸し」と「自分の壁」を考えること、
そして「組織からの期待を知る」ことです。

「キャリアの棚卸し」では1年ごとに細かくキャリアを振返り、
自分が何を経験して何を身に付けたのか、
今の自分が持っているものを深堀りするワークです。
私も体験しましたが、正直なところ息切れしそうになりました。
キャリアが長い受講生は、かなり大変だと思います。
しかし「私は何を考えてここへ辿り着いたのか」「いったい何を大事にしてきたのか」
ということが浮き彫りになる重要なワークでした。

「組織からの期待を知る」については、HR部長から皆様へ直接語っていただきました。
今、会社がどのような環境に置かれているのか、皆さんの立ち位置がどこにあるのか、
そして部長自身も挑戦し続けているという
厳しくも力強い、そしてあたたかいお話でした。
受講生からは「ものすごくインパクトがあった」という感想が聞かれました。

最後に研修を通しての感想を伺いましたが、
「自分の振返りを言葉にして語るのは初めて。自分で語ると改めてわかる。」
「他の人と話して刺激を受けた。しゃべることって重要だと思った。」
「自分のキャリアの棚卸しなんて初めてだった。改めて考えるきっかけになった。」
と皆さんが笑顔で話しているのが印象的でした。
(その時の写真があります。/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/01/19/post_78.html

セミナー登壇時に浅井さんは「下手の考え休むに似たり」という言葉を挙げられました。
(※良い考えも浮かばないのに長く考え込むのは何の役にも立たず、時間のムダだということ。)
これは人事担当者に向けた言葉でもあり、ベテラン社員に向けた言葉でもあると思います。
人事担当者に向けては「ベテラン社員を変える前に、自分が行動しましょう」ということであり、
ベテラン社員に向けては「いつまでにやるかじゃない。いつからやるかです。」ということです。
この意識が、同社の取り組みを推し進めていると感じます。

NHKの放送、ぜひご覧ください。
※放送日時や内容は予告なく変更する場合がございます。

------------------------------------------------

【目次】

1)明後日開催!【無料セミナー】
ミドルアウトの組織変革
リフレクション・ラウンドテーブル
組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!

2)【無料セミナー】上海で初開催!
マネジメント力向上セミナー
リフレクション・ラウンドテーブル体験会 in 上海

3)その他、セミナー

4)What's NEW!!

5)編集後記

------------------------------------------------

明後日開催!【無料セミナー】
ミドルアウトの組織変革
リフレクション・ラウンドテーブル
組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!

------------------------------------------------

★ゲストスピーカー 
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
キャリア開発部 課長 白濱 三佐子様

「リフレクション・ラウンドテーブル」は、経営学の権威である
ヘンリー・ミンツバーグ教授が創設した、ミドルマネジャーの育成を通じて組織開発を行う
プログラムです。
2007年、世界に先駆けて日本で導入をして以来、50を越える企業と組織に広がってきました。
当日は、日本で最初に導入された株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの
推進責任者、白濱三佐子様をお招きして、導入のコツと組織開発の実態をご紹介いただきます。 
同社は、すでに過半数のマネジャーが同プログラムを受講済みで、
マネジメントの共通言語が生まれ、内省と対話の風土が根づいています。
白濱様は、2015年カナダ・モントリオールで開催された世界大会でご発表されましたので、
海外の反応や人材開発のトレンドについてもお話しいただきます。

世界大会での日本事例は大変好評で、次回(2016年秋)の大会を日本で開催することが
内定しています。世界も注目する、日本企業の事例についてQ&Aで学びつつ、
後半は実際のセッションも体感いただきます。
ぜひ、この機会をご活用ください。

【日時】2016年1月28日(木)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_84.html


------------------------------------------------

【無料セミナー】
マネジメント力向上セミナー
リフレクション・ラウンドテーブル体験会 in 上海
※日本語で行います。

------------------------------------------------

日本で大好評のマネジメントプログラムの体験会を上海で初開催!
「リフレクション・ラウンドテーブル」は、日本でも50社2000名を超えるマネジャーが受講、
マネジメント力と組織力向上に成果をあげています。
今回は、「どうしたら駐在員マネジャーのマネジメント力が向上していくのか?」
をテーマに実際にプログラムを導入した、
ルネサスエレクトロニクス上海有限公司 管理中心 人力資源部 高級客?経理 
前田亮様よりプログラム事例を紹介いただきます。
また、後半ではプログラムの一部を体験いただきます。

【日時】2016年2月2日(火)14:30~17:00(開場 14:00)
【会場】グランドメルキュール虹橋
【お申込み】/seminar/detail/post_85.html


------------------------------------------------

3)その他、セミナー

------------------------------------------------

リフレクション・ラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース ◇◇

【日時】2016年2月15日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2016年2月16日(火)9:30~17:15(開場 9:15) 
※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_73.html
【参加費】¥150,000(消費税別)

------------------------------------------------

仕事を通じて部下を育てるマネジャーを増やす
「既存の人材育成の研修ではなかなか結果が出ない」とお悩みのみなさまへ
ミドルマネジャーが伸び悩んでいる若手・中堅の育成に取り組み、組織全体を人が育つ風土に

【日時】2016年3月3日(木)15:00~17:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_86.html

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

1月19日 NHKから取材 NTTコミュニケーションズ社のキャリアデザイン研修

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

先日、Eテレの「スーパープレゼンテーション」で
UNHCR 首席報道官のメリッサ・フレミングの
「難民のためにできることとは」を見ました。
シリア難民の半分は子どもたちで、難民生活の平均日数は17年間とのこと。
ある難民の女の子に「将来は何になりたいの?」と尋ねたとき
「私に未来はないの。」と答えたそうです。
彼女が暮らす難民キャンプでは資金不足で中等教育がないため、
その子にはもう通う学校がないのです。
それを聞いたフレミングは「もったいない」と言いました。
彼女たちは世界の未来なのに。
「難民への投資は世界の未来への投資である。」

こういった考え方はいろんなことに応用できると思います。
世の中の人員構成は変わり、
ベテランと呼ばれる年代が組織の半数を超える日も近くなりました。
「ベテラン社員への投資は会社の未来への投資である。」
何もしないのはもったいない。

2016年1月19日配信
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る。 2016年1月19日

<お知らせ>

NHK「おはよう日本」の"働き方改革"より、
NTTコミュニケーションズ社のベテラン社員活性化への取り組みが取材を受けました。
ジェイフィールが提供する「キャリアデザイン研修」の様子も取材していただきました。
1月22日(金)早朝4:30~8:00放送の中、8:00前後に5分程度の登場予定です。
※放送時間・放送内容は予告なく変更になる場合がございます。

(シニア層パワーアッププログラムについてはこちら

------------------------------------------------

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

 ジェイフィールは「仕事が面白い、職場が楽しい、会社が好きだ」と言える人を
増やしたいと活動をしています。
そういう意味では、日本全体の活性化のために、
地方の中小企業や教育の機会に恵まれないところへ向けて、
働く人が自分たちで学べるような仕組みを何か提供できないか。
そのモデルを創っていくのがジェイフィールの使命でもあります。

 「日本の人事部」のサイトに特別インタビューが掲載されました。
『「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る。』と題し、
富士通マーケティング 特別顧問 飯島健太郎様に、
ジェイフィール 取締役 重光直之がインタビューいたしました。
(インタビューはこちら

 コーチング・アワセルブズ(以下CO 日本展開名:リフレクション・ラウンドテーブル)を
日本で初めて導入したのが富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下富士通SSL)ですが、
当時、常務取締役だったのが飯島健太郎様(現富士通マーケティング特命顧問)です。
インタビューでは、COを日本で最初に導入した経緯や、富士通グループでの取り組みの他、
欧州のビジネススクールの様子や、国内外への普及活動、
HRの国際カンファレンスでのお話を聞かせていただきました。
現在は横浜国大と連携して、富士通マーケティングの社内ビジネススクールの
取り組みも進められています。
COの創始者ヘンリー・ミンツバーグ教授も「これは一つの社会運動」だと言っています。
飯島様へのインタビューで、私たちジェイフィールも使命を改めて思い起こす機会になりました。

 1月28日の「リフレクション・ラウンドテーブル 組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!
では富士通SSL キャリア開発部の白濱 三佐子様に
ゲストとして登壇していただきます。
CO導入の推進責任者として、白濱様も今なお活動を続けられている1人です。
残席少なくなっておりますので、このチャンスをお見逃しなく!

------------------------------------------------

【目次】

1)【無料セミナー】
ミドルアウトの組織変革
リフレクション・ラウンドテーブル
組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!

2)【無料セミナー】上海で初開催!
マネジメント力向上セミナー
リフレクション・ラウンドテーブル体験会 in 上海

3)その他、セミナー

4)What's NEW!!

5)編集後記 「AIに取って変わられないものとは」

------------------------------------------------

【無料セミナー】
ミドルアウトの組織変革
リフレクション・ラウンドテーブル
組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!

------------------------------------------------

★ゲストスピーカー
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
キャリア開発部 課長 白濱 三佐子様

 「リフレクション・ラウンドテーブル」は、経営学の権威である
ヘンリー・ミンツバーグ教授が創設した、ミドルマネジャーの育成を通じて組織開発を行う
プログラムです。
2007年、世界に先駆けて日本で導入をして以来、50を越える企業と組織に広がってきました。
当日は、日本で最初に導入された株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの
推進責任者、白濱三佐子様をお招きして、導入のコツと組織開発の実態をご紹介いただきます。
同社は、すでに過半数のマネジャーが同プログラムを受講済みで、
マネジメントの共通言語が生まれ、内省と対話の風土が根づいています。
白濱様は、2015年カナダ・モントリオールで開催された世界大会でご発表されましたので、
海外の反応や人材開発のトレンドについてもお話しいただきます。

 世界大会での日本事例は大変好評で、次回(2016年秋)の大会を日本で開催することが
内定しています。世界も注目する、日本企業の事例についてQ&Aで学びつつ、
後半は実際のセッションも体感いただきます。
ぜひ、この機会をご活用ください。

【日時】2016年1月28日(木)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_84.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】
マネジメント力向上セミナー
リフレクション・ラウンドテーブル体験会 in 上海
※日本語で行います。

------------------------------------------------

日本で大好評のマネジメントプログラムの体験会を上海で初開催!
リフレクション・ラウンドテーブル」は、日本でも50社2000名を超えるマネジャーが受講、
マネジメント力と組織力向上に成果をあげています。
今回は、「どうしたら駐在員マネジャーのマネジメント力が向上していくのか?」
をテーマに実際にプログラムを導入した、
ルネサスエレクトロニクス上海有限公司 管理中心 人力資源部 高級客?経理
前田亮様よりプログラム事例を紹介いただきます。
また、後半ではプログラムの一部を体験いただきます。

【日時】2016年2月2日(火)14:30~17:00(開場 14:00)
【会場】グランドメルキュール虹橋
【お申込み】/seminar/detail/post_85.html


------------------------------------------------

3)その他、セミナー

------------------------------------------------

リフレクション・ラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース ◇◇

【日時】2016年2月15日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2016年2月16日(火)9:30~17:15(開場 9:15)
※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_73.html
【参加費】¥150,000(消費税別)

------------------------------------------------

仕事を通じて部下を育てるマネジャーを増やす
「既存の人材育成の研修ではなかなか結果が出ない」とお悩みのみなさまへ
ミドルマネジャーが伸び悩んでいる若手・中堅の育成に取り組み、組織全体を人が育つ風土に

【日時】2016年3月3日(木)15:00~17:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_86.html

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

12月28日 小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」第7回

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

アミューズグループの仕事初めは年始行事から始まります。
今年も各グループの代表が挨拶をし、一年の活躍を祈念しました。
ジェイフィール代表の高橋からはこのような話がありました。
「30年後にはAI(人工知能)が人類の知能を超えると言われています。
オックスフォード大学の研究発表では、人間が行う仕事の約半分が
AIに取って変わられるという話です。
そんな中、僕らにできることって何でしょうか。」

日経ビジネスオンラインで「CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2015」が発表されています。
2010年からスタートした「新しい時代を切り拓くリーダー」を発掘するプロジェクトで、
ジャンルを超えてボーダレスに世の中を変革するリーダーを
「チェンジメーカー」と名付けています。
2015年の10名に選出されたチェンジメーカーに、
バルミューダ代表取締役社長の寺尾 玄さんがいます。
バルミューダを家電メーカーと定義する人は多いと思いますが、
寺尾さんは「家電を創っているんじゃない。体験をつくっているんだ。」と言っています。
あの有名な扇風機は扇風機を創ったのではない。
「気持いい風」を「体験する」ことを提供しようと考えた結果が、
あの扇風機だった、と。
トースターも同じく、「パン屋さんの焼きたてのパンをお家で食べたい。
今あるトースターではそれが体験できないな。」というところから始まっています。

こういった思考はAIに取って変わられないのでは、と思います。
「扇風機をつくる」はAIでもできそうです。
しかし、「自然の中で感じるあの風。あの風のあの感じを再現しよう。」という発想は
人間にしかできないような気がします。
「何のためにつくるのか」という考え方、
これが人間にできることではないかと思うのです。

先日このメルマガでも紹介したリカルド・セムラーは学校をつくっています。
そこでは「数学」「理科」といったカリキュラムはありません。
「人間の器を測る方法」とか「自転車をつくる」といったカリキュラムになっていて、
そのためには哲学とか、数学とか、物理などが必要になってくるという考え方です。
私たちは 円周率=3.14 ということは知っています。
しかし、自転車をつくるために円周率が必要だと考えたことはありません。
このような思考ではAIに取って変わられてしまうでしょう。

自動運転で走行する車が街中を走り回る時代がもうそこまで来ています。
今すぐチェンジメーカーにはなれなくても、自分自身の思考を変革することは始められそうです。

皆さまは今年の目標は決められましたか?

2016年1月8日配信
2016年は「どうすればミドル・シニア社員が輝きを取り戻せるか?」からスタート!
実は、組織が抱える様々な問題解決につながるのをご存知でしょうか!? 2016年1月12日

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

あけましておめでとうございます!
昨年は「ワクワクする職場をつくる。」を出版し、
組織変革のキーワードとして掲げてまいりました。
今年はさらに、ワクワクするシニア・中堅・女性・企業・社会をつくるために
チャレンジしていきたいと思います。
メルマガも昨年以上に有意義な内容にしていきますので、
本年もよろしくお願いいたします。

今年のセミナーは「どうすればミドル・シニア社員が輝きを取り戻せるか?
からスタートします。
ミドル・シニア社員のモチベーション低下は本人の問題と捉えられがちですが、
それだけではなく、マネジメントの問題や組織の問題も大きく関係しています。
弊社コンサルタントの片岡は数年前まで
「組織よりもミドル・シニア社員個人の問題が大きい」と捉えていました。
しかし「なぜ、あなたの組織のミドル・シニア社員は元気がないのか?」
という問いに対し、ここ数年の取り組みから片岡が出した一旦の答えは
「ミドル・シニア社員を活かす組織力がないから」です。
マネジャーが、本当の意味での「内発的に動機付ける力」を持っているかどうかが
問われると言います。
もちろん、本人の問題もあります。
自分自身の課題に向き合う自責意識の不足や、「自分は上司より優秀」との思いから
上司との対話不足になっているといったケースが多いようです。

ミドル・シニア社員の活性化が解決できると、
女性活躍促進や若手活性化など様々な問題が解決できるようになるとも言われています。
マネジャーのマネジメント力が格段に上がるからです。

1月19日のセミナーでは、NTTコミュニケーションズ社、
トヨタファイナンス社の取り組みを紹介し、
ワークショップの一部も体験していただきます。
ディスカッションも交えて実践的な学びの場にいたしますので、
ぜひご参加ください。

------------------------------------------------

【目次】

1)【無料セミナー】
どうすればミドル・シニア社員が輝きを取り戻せるか?
~キャリア後半戦に向けてのモチベーションUPのカギとは?~

2)【無料セミナー】
ミドルアウトの組織変革
リフレクション・ラウンドテーブル
組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!

3)その他、セミナー

4)What's NEW!!

5)編集後記

------------------------------------------------

【無料セミナー】
どうすればミドル・シニア社員が輝きを取り戻せるか?
~キャリア後半戦に向けてのモチベーションUPのカギとは?~

------------------------------------------------

バブル入社組のシニア化を受け、多くの企業でミドル・シニア社員、
特にラインマネジメントについていないミドル・シニア社員の活躍促進は
待ったなしの課題となっています。

なぜ、彼らは輝きを失ってしまったのか?
どうすればその輝きを取り戻せるのか?

 本セミナーでは、実際に弊社が提供する40代後半~50代を対象とした
「パワーアッププロジェクト」からワークショップの体験も行います。
特にショートドラマを使用しての本ワークショップは
多くの企業のみなさまから反響をいただいております。
この機会にぜひ体験をしてみてください。奮ってのご参加をお待ちしております。

【日時】2016年1月19日(火)15:00~17:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_83.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】
ミドルアウトの組織変革
リフレクション・ラウンドテーブル
組織変革事例紹介セミナー(体験付き)・世界での事例もご紹介!!

------------------------------------------------

★ゲストスピーカー
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
キャリア開発部 課長 白濱 三佐子様

「リフレクション・ラウンドテーブル」は、経営学の権威である
ヘンリー・ミンツバーグ教授が創設した、ミドルマネジャーの育成を通じて組織開発を行う
プログラムです。

 2007年、世界に先駆けて日本で導入をして以来、50を越える企業と組織に広がってきました。
当日は、日本で最初に導入された株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの推進責任者、
白濱三佐子様をお招きして、導入のコツと組織開発の実態をご紹介いただきます。
同社は、すでに過半数のマネジャーが同プログラムを受講済みで、
マネジメントの共通言語が生まれ、内省と対話の風土が根づいています。
白濱様は、2015年カナダ・モントリオールで開催された世界大会でご発表されましたので、
海外の反応や人材開発のトレンドについてもお話しいただきます。

世界大会での日本事例は大変好評で、次回(2016年秋)の大会を日本で開催することが
内定しています。世界も注目する、日本企業の事例についてQ&Aで学びつつ、
後半は実際のセッションも体感いただきます。
ぜひ、この機会をご活用ください。

【日時】2016年1月28日(木)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_84.html

------------------------------------------------

3)その他、セミナー

------------------------------------------------

リフレクション・ラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース ◇◇

【日時】2016年2月15日(月)10:00~18:30(開場 9:45)
2016年2月16日(火)9:30~17:15(開場 9:15)
※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_73.html
【参加費】¥150,000(消費税別)

------------------------------------------------

実際のセッションを体験できる!
リフレクション・ラウンドテーブル体験会 in 上海
※日本語で行います。

【日時】2016年2月2日(火)14:30~17:00(開場 14:00)
【会場】グランドメルキュール虹橋
【お申込み】/seminar/detail/post_85.html

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

12月28日【CO世界大会レポート】 2015年9月に開催された
コーチングアワセルブズ(日本展開名リフレクション・ラウンドテーブル)
のレポートを掲載いたしました

12月28日 「日本の人事部」特別インタビュー
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る。

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

皆さまはどのような大晦日・お正月を過ごされましたでしょうか。
私は帰省の道中、久しぶりにカミュの「異邦人」を読み直しました。
前回読んだのは高校生のときですから、およそ20年振りになります。
前回の感想は「カミュこそが異邦人だ」でした。
しかし、今回は「みんな異邦人だ」に変わりました。
本当の意味での「多様性を認める」社会とは、
自分も異邦人であることに気付くことから始まるのではないでしょうか。

何年も前からダイバーシティという言葉を聞くようになりました。
少しずつ、育休を取得する男性や、何社も掛け持ちをする働き方、
テレワークやノマドワーカーなど、多様性が認められる世の中になってきたように感じる反面、
まだまだライフワークバランスが取れずに悩む女性や
過度の残業や休日出勤が当たり前の管理職、
そもそも正社員がパートタイムで働くことが認められていないなど、
「多様性を認める」には至っていないと感じます。

組織が抱える問題はいくつもありますが、
実は「多様性を認める」ことができれば一気に解決できるのかもしれません。
しかし、一人でがんばっても実現できないことでもあります。
日本全体が本当に「多様性を認める」社会になるために
まずは「あなたも私も異邦人」だという気付きが必要なのではと、
そんなことを考えて過ごした休暇でした。

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.