printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

メールマガジン

お問い合わせ

メールマガジン(2016年11月)

2016年11月29日配信
ジェイフィールの1年は・・・今年もいろいろありました 2016年11月29日

ジェイフィールのメールマガジン 感情ルネサンス
~仕事が面白い 職場が楽しい 会社が好きだ~
★☆ジェイフィールの1年は・・・今年もいろいろありました★☆

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

そろそろ2016年も終わりが近づいてきましたが、
皆さまにとってどのような1年だったでしょうか。
ジェイフィールでは今年も多くの課題に取り組んできました。

春からは女性がイキイキ働くための支援として、
「リフレクションラウンドテーブル Women's Community」を始めました。
異業種の管理職同士が集まる公開講座では、
「改めてマネジメントに意識が向くようになった」
「さらに高みを目指したいと思った」
といった意識の変化が見られました。
また、立川市では係長職の女性たちに向けて実施し、
職場の上司や部下から「変わった」「元々持っていたパワーが引き出されたようだ」
といった感想をいただきました。

10月にはリフレクションラウンドテーブル世界大会を開催し、
のべ300名を超える皆さまにご参加いただくことができました。
企業訪問や事例の交流は参加者同士の刺激になったという声が聞かれたほか、
企業だけでなくNPOやNGOの方々と一緒に未来について考える貴重な機会にもなりました。

同時期には『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』を出版し、
丸善日本橋店 ビジネス書籍部門で第1位
(「書籍週間ベスト10」ビジネス経済(2016/10/13~10/19))を獲得いたしました。
また、元アマゾン カリスマバイヤーの土井英司さんのメルマガ、ビジネスブックマラソンで紹介されるなど
この課題に対する社会的な意識の高さを感じます。
先日は書籍で紹介したNTTコミュニケーションズ社の浅井公一様にゲスト登壇していただきました。
浅井様の取り組みを聞き、改めて「熱意と本気度を持ってやらなければ」と思われた方が多かったようです。
中には感動で泣きそうになったという方もいらっしゃいました。
1月にはトヨタファイナンス社の馬渕祐司様にゲスト登壇していただきます。
「会社で一番大切なのは人である」と明言する同社の取り組みをぜひお聞きください。

こうして、この1年間皆さまとともに取り組んできたことを振り返ると、
社会全体の課題、変化、未来・・・様々なことが見えてきます。
そこでジェイフィールでは「年末対話セミナー 人材開発を未来の組織づくりにつなげる」を
開催することにいたしました。
この1年の振り返りを参加者同士で対話することで改めて課題を認識し、
この先10年の未来シナリオを皆さまとともに考える場にいたします。
年末になると「今年はどんな1年だっただろうか」と思い返す方は多いと思いますが、
人と話すことで思い出すこと、気付くことがあるはずです。
無料セミナーですので、ぜひお気軽にご参加ください。

------------------------------------------------

【目次】

1)【無料セミナー】年末対話セミナー
自分たちの取組みを未来につなげたいと思っている皆様へ
人材開発を未来の組織づくりにつなげる

2)【無料セミナー】テンプスタッフラーニング共催
女性管理職育成のための『戦略的OJTプログラム』事例紹介&体験セミナー
~古河電工様での導入事例から学ぶ、職場で上司が部下と向き合い、 共に成長するためのポイント~

3)リフレクションラウンドテーブル
【無料体験会】と【有料講座】のご案内

4)【無料セミナー】ゲストあり!
1月12日開催 出版記念セミナー ~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

5)編集後記

------------------------------------------------

【無料セミナー】年末対話セミナー

自分たちの取組みを未来につなげたいと思っている皆様へ
人材開発を未来の組織づくりにつなげる
~自分たちの取組みを再編集して、未来組織シナリオに仕上げませんか~

------------------------------------------------
★ジェイフィールが支援してきた今年の取り組みから
未来について皆さんと考える、双方向のセミナーです!

 今年のジェイフィールも、みなさんとともに、多くの課題に取り組んできました。
マネジャーだけでなく、女性たちが互いの経験を持ち寄り、自分たちらしい働き方、
マネジメントの仕方を見つける応援をしたい、
ベテラン社員がラインを外れても自分の仕事への思いを取り戻し、
イキイキと働ける風土をつくりたい、おとなしいといわれる若手社員が内なる思いに気づき、
自然と前に踏み出せるリーダーになってほしい、経営幹部人材が未来志向で社員と向き合い、
新たな文化をつくるリーダーに革新してほしい・・・。

 こうした思いを受けて、多くの取組みを支援させていただきました。
そして、これらの取組みが連動し、組織を変える大きな力となっている企業も増えてきました。
本セミナーでは、こうした取組みをどう連動させ、未来の組織づくりにつなげていくか、
その鍵がどこにあるかを考えていきます。
年末の振り返りとともに、この先10年を見据えた人材開発・組織開発の未来シナリオを
一緒につくってみませんか。

【日時】2016年12月15日(木)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/1_1.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】テンプスタッフラーニング共催
女性管理職育成のための『戦略的OJTプログラム』事例紹介&体験セミナー
~古河電工様での導入事例から学ぶ、職場で上司が部下と向き合い、 共に成長するためのポイント~

------------------------------------------------

管理職・リーダーの育成に関して、次のような課題をお感じの
人事ご担当者様にお越しいただきたいセミナーです。

●管理職および管理職候補となる女性社員を増やしたい
●女性社員を成長させるには、現場の管理職の意識改革が必要と思う
●既存の研修では、管理職の行動まで変わらない
●女性社員の育成に現場の管理職を巻き込んだ事例を知りたい

多くの企業が「女性管理職を増やしたい」という課題を持っています。
管理職やその候補者としての力量を身につけるには、
日常的な業務をこなすだけでなく、
責任の重いストレッチな業務をやり切るなどの「一皮むける経験」を積み重ねることが必要です。
そのためには、現場での上司の関わり方が極めて重要です。
上司が部下と向き合い、どんな仕事を与え、どんな経験を積めばその部下が成長するのか考え、
「戦略的に」「計画的に」指導・育成していくことが求められます。

本セミナーでは、上司と部下が向き合い、共に成長していくことを実現する「戦略的OJTプログラム」を紹介します。
単なる研修ではなく、「現場での育成」に踏み込んでいく、画期的な人材育成プログラムです。

今回は、実際に導入いただいた古河電工様から、導入のプロセスで起こったこと、
成功に向けて取り組まれてきたことを中心に、
現場の管理職や受講者に火が付いたきっかけやポイントについてもお話しいただきます。
ミドルマネジャーを巻き込んで人を育てる組織風土を創るヒントが満載です。
この機会をぜひご活用ください。

【日時】2016年12月12日(月)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_99.html

------------------------------------------------

リフレクションラウンドテーブル
【無料体験会】と【有料講座】のご案内


★【無料体験会】
ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクションラウンドテーブル』体験会

★【有料講座】
リフレクションラウンドテーブル
ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース 24期 25期◇◇

------------------------------------------------

どうしたら、マネジャーが育つのだろうか?
どうしたら、もっと組織がいきいきとするのだろうか?
リフレクションラウンドテーブルは、この2つの根源的なテーマに取り組むプログラムです。
2007年からスタート、ここまで、約50社1500名のマネジャーが参加してきました。

リフレクションラウンドテーブルでは、 自分のマネジメントに真摯に向き会うと共に、
参加者同士の関係を深めていきます。
この2つが、マネジャーの力になり、マネジャーと組織の自主的な変容を促して行きます。

★【無料体験会】当プログラムの概要とセッションの一部体験をいたします。
【日時】2016年12月16日(金)14:00~16:30(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_96.html


★【有料講座】セッションを運営できる人を養成、認定するプログラムです。
【日時】
24期:2017年1月17日(火)10:00~18:30(開場 9:45/2017年1月18日(水)9:30~17:15(開場 9:15)
25期:2017年3月7日(火)10:00~18:30(開場 9:45/2017年3月8日(水)9:30~17:15(開場 9:15)
※2日間のプログラムとなります

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_98.html

※2016年10月5日~8日にわたり、リフレクションラウンドテーブル世界大会を開催いたしました。
国内外からのべ300名を超える方々にご参加いただき、多様なセッションを行うことができました。
大会レポートはこちら

1日目レポート
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/10/13/post_88.html

2日目レポート(オープニングセッション)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/08/_1105.html

2日目レポート(海外事例の発表)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/18/_2106.html

2日目レポート(国内事例の発表:JTB情報システム)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/29/_2106_1.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】ゲストあり!

1/12開催 出版記念セミナー
~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

------------------------------------------------

11月に開催した当セミナーではNTTコミュニケーションズ社の浅井公一様に
ゲスト登壇をしていただき、参加者の皆さまから次のような感想をいただきました。

●ベテラン社員の会社貢献を人事が熱意と本気度を持てば実行できると再認識した。
●「みんなを元気にしたい」という言葉、やった人にしか言えない迫力があった。
●具体的な事例を聞くことで、自社に足りていない点を考えやすかった。

今回はトヨタファイナンス社の馬渕祐司様にゲスト登壇をしていただきます。
書籍の中では『「人を大切にする組織の実現」に本気で取り組み』と題し、
取り組みの指針となるマネジメント方針と
それに基づき経営陣から本気で取り組んでいったことを特徴として
同社の取り組みを紹介しています。

【日時】2016年1月12日(木)15:00~18:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_97.html

★『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』日本経済新聞出版社
丸善日本橋店 ビジネス書籍部門で第1位(「書籍週間ベスト10」ビジネス経済(2016/10/13~10/19))を獲得!
元アマゾン カリスマバイヤーの土井英司さんのメルマガ、ビジネスブックマラソンで紹介!

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

2016年もあと1ヶ月となりました。早いです。
今年もいろいろなニュースがありましたね。
環境破壊の恐怖や、世の中が変わりそうで変わらないこと、
その中でも少しずつ見える変化の兆し・・・などいろいろなことを感じました。

私個人としては、リフレクションラウンドテーブル世界大会を成功させるべく
自分の役割をしっかりと・・・などと目標を立てていましたが、
妊娠を機に仕事ができなくなった時期があり、
年初に考えていたような1年にはなりませんでした。
育児と仕事の両立が大変なのはよく聞きますが、
出産前からこんなに両立ができなくなるなんて「聞いてない!」と思うことも。
しかし、妊娠したことで気付いたこともたくさんありました。
やはり「制度」よりも大事なのは「理解」(もちろん制度も大事ですが)であることや、
そのいずれかがなければ本当に仕事を辞めるしかないこと、
健康を失うと精神的に追い詰められること、
また、当事者にならないとわからないことが本当にたくさんあることも実感しました。
だから私も「人のことでわかっていないことがたくさんある」ということもよくわかりました。

そして今はこんな風に思っています。
「きっと私はワーママのことなど何もわかっていない。
来年はもっと大変な1年になるぞ・・・」

しかし、今年以上にたくさんの気付きがあるだろうと思っています。
それは仕事にも人生にも大きな影響を与えるでしょう。
出産を機に休むことがキャリアにマイナスの影響を及ぼすような印象がありますが、
長い目で見ると実はプラスの方が多いのかもしれません。
恐らく男性も、父親になることで仕事にプラスの影響があるはずです。
それは女性も同じ。
来年は休みに入りますが、必ず仕事や自分に活かしたいと思っています。

2016年11月25日配信
人を育てる組織には、深い信頼関係で結ばれた上司と部下がいる 2016年11月25日

ジェイフィールのメールマガジン 感情ルネサンス
~仕事が面白い 職場が楽しい 会社が好きだ~
★☆人を育てる組織には、深い信頼関係で結ばれた上司と部下がいる★☆

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

皆さんは自身が成長する過程で何が大きく影響したとお考えでしょうか。
自分1人で学べることには限界があり、大きく成長するには人との関わりが重要になってくると思います。
両親や学校の先生、友達や偶然出会った人など様々な人との関わりがある中で、
とりわけ社会人になってからは、毎日顔を合わせる上司との関わりは大きいのではないでしょうか。
戦略的OJT」は上司と部下が向き合い、共に成長していくプログラムです。
上司が部下育成について真剣に考え、部下の成長のための目標をともに設定し、
そこに向かって2人で取り組んでいきます。

部下は「ひと皮むける経験」をすることで成長し、
上司は「人を育てるマネジャー」になっていく。
2人の信頼関係も増し、仕事の進め方にも影響を及ぼします。
組織全体にそのような風土が根付くことで、人を育てる組織へと変容していくのです。

12月12日開催の「女性管理職育成のための『戦略的OJTプログラム』事例紹介&体験セミナー」では、
「女性管理職を増やしたい」という課題をお持ちのご担当者様に向けて、
「戦略的OJT」をどのように活用するかご紹介いたします。
実際に導入した古河電工様にお越しいただき、導入のプロセスや成功の鍵などをお話いたします。

女性管理職になりたい人が増えていかない背景には
「自信がない」「ロールモデルがいない(あの人のようにはできない)」
といった不安が見え隠れします。
これに対し、上司の伴走、成功体験の積み重ねなどが加わることによって
「私もできそう」と自信が付いたり、
あるいは既にできていることに気付き、より力を発揮できるようになるなど
気持ちの変化が起きていきます。
また、上司との信頼関係が深まることで
不安要素のひとつである「家庭との両立」においても、
上司・部下ともに実務上良い影響が生まれることがあります。
上司にとっては状況が把握できているとかえって仕事を任せやすくなる、
サポートもしやすくなるといったことがあり、
部下にとっては無理に仕事を抱え込まなくなる、
不安要素は早い段階で解消できる、といったことがあります。

女性活躍推進は女性のためだけでなく、
超高齢社会である日本全体にとって重要な課題です。
セミナーへのご参加をお待ちしております。

------------------------------------------------

【目次】

1)【無料セミナー】テンプスタッフラーニング共催
女性管理職育成のための『戦略的OJTプログラム』事例紹介&体験セミナー
~古河電工様での導入事例から学ぶ、職場で上司が部下と向き合い、 共に成長するためのポイント~

2)【無料セミナー】年末対話セミナー
自分たちの取組みを未来につなげたいと思っている皆様へ
人材開発を未来の組織づくりにつなげる

3)【無料セミナー】ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクションラウンドテーブル』体験会

4)【無料セミナー】ゲストあり!
1月12日開催 出版記念セミナー ~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

5)リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース 24期 25期◇◇

6)What's NEW!!

------------------------------------------------

【無料セミナー】テンプスタッフラーニング共催
女性管理職育成のための『戦略的OJTプログラム』事例紹介&体験セミナー
~古河電工様での導入事例から学ぶ、職場で上司が部下と向き合い、 共に成長するためのポイント~

------------------------------------------------

管理職・リーダーの育成に関して、次のような課題をお感じの
人事ご担当者様にお越しいただきたいセミナーです。

●管理職および管理職候補となる女性社員を増やしたい
●女性社員を成長させるには、現場の管理職の意識改革が必要と思う
●既存の研修では、管理職の行動まで変わらない
●女性社員の育成に現場の管理職を巻き込んだ事例を知りたい

多くの企業が「女性管理職を増やしたい」という課題を持っています。
管理職やその候補者としての力量を身につけるには、
日常的な業務をこなすだけでなく、
責任の重いストレッチな業務をやり切るなどの「一皮むける経験」を積み重ねることが必要です。
そのためには、現場での上司の関わり方が極めて重要です。
上司が部下と向き合い、どんな仕事を与え、どんな経験を積めばその部下が成長するのか考え、
「戦略的に」「計画的に」指導・育成していくことが求められます。

本セミナーでは、上司と部下が向き合い、共に成長していくことを実現する「戦略的OJTプログラム」を紹介します。
単なる研修ではなく、「現場での育成」に踏み込んでいく、画期的な人材育成プログラムです。

今回は、実際に導入いただいた古河電工様から、導入のプロセスで起こったこと、
成功に向けて取り組まれてきたことを中心に、
現場の管理職や受講者に火が付いたきっかけやポイントについてもお話しいただきます。
ミドルマネジャーを巻き込んで人を育てる組織風土を創るヒントが満載です。
この機会をぜひご活用ください。

【日時】2016年12月12日(月)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_99.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】年末対話セミナー

自分たちの取組みを未来につなげたいと思っている皆様へ
人材開発を未来の組織づくりにつなげる
~自分たちの取組みを再編集して、未来組織シナリオに仕上げませんか~

------------------------------------------------
★ジェイフィールが支援してきた今年の取り組みから
未来について皆さんと考える、双方向のセミナーです!

 今年のジェイフィールも、みなさんとともに、多くの課題に取り組んできました。
マネジャーだけでなく、女性たちが互いの経験を持ち寄り、自分たちらしい働き方、
マネジメントの仕方を見つける応援をしたい、
ベテラン社員がラインを外れても自分の仕事への思いを取り戻し、
イキイキと働ける風土をつくりたい、おとなしいといわれる若手社員が内なる思いに気づき、
自然と前に踏み出せるリーダーになってほしい、経営幹部人材が未来志向で社員と向き合い、
新たな文化をつくるリーダーに革新してほしい・・・。

 こうした思いを受けて、多くの取組みを支援させていただきました。
そして、これらの取組みが連動し、組織を変える大きな力となっている企業も増えてきました。
本セミナーでは、こうした取組みをどう連動させ、未来の組織づくりにつなげていくか、
その鍵がどこにあるかを考えていきます。
年末の振り返りとともに、この先10年を見据えた人材開発・組織開発の未来シナリオを
一緒につくってみませんか。

【日時】2016年12月15日(木)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/1_1.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】

ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクションラウンドテーブル』体験会

------------------------------------------------

どうしたら、マネジャーが育つのだろうか?
どうしたら、もっと組織がいきいきとするのだろうか?
奥の深い問いであり、決してひとつの正解があるものではないと思います。

リフレクションラウンドテーブルは、この2つの根源的なテーマに取り組むプログラムです。
2007年からスタート、ここまで、約50社1500名のマネジャーが参加してきました。
12名のマネジャーが、週に1回集まり、75分間、内省と対話を30回繰り返して行きます。
※プログラム内容のカスタマイズにつきましてはご相談ください

あるマネジャーが次のような打ち明け話をしてくれました。
「実は、毎朝、目が覚めると、ベットの中で会社に行くか、行かないか葛藤して、
なんとか這うように、会社に来ていたんです。
でも、このリフレクションラウンドテーブルが進んでいく中で、
ある朝、会社に行くか行かないか悩んでいない自分に気づいたんです。
この場は、私に力をくれました」

リフレクションラウンドテーブルでは、 自分のマネジメントに真摯に向き会うと共に、
参加者同士の関係を深めていきます。
この2つが、マネジャーの力になり、マネジャーと組織の自主的な変容を促して行きます。
是非、この機会にその一端をご体験下さい。お待ちしております。

【日時】2016年12月16日(金)14:00~16:30(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_96.html

※2016年10月5日~8日にわたり、リフレクションラウンドテーブル世界大会を開催いたしました。
国内外からのべ300名を超える方々にご参加いただき、多様なセッションを行うことができました。
大会レポートはこちら

1日目レポート
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/10/13/post_88.html

2日目レポート(オープニングセッション)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/08/_1105.html

2日目レポート(海外事例の発表)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/18/_2106.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】ゲストあり!

1/12開催 出版記念セミナー
~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

------------------------------------------------

2016年からの10年で、大企業(従業員1000名以上)では
約340万人の50代非管理職が生まれると推定されます。
バブル期入社組の高年齢化が進み、
多くの企業でシニア、ベテラン社員の活性化が課題となっています。
また雇用延長などの背景もあり、どうすればキャリア全体を通じ
イキイキ活躍してもらえるかが多くの企業で課題となっています。

この課題について、弊社コンサルタントの片岡裕司が書籍を出版いたしました。
問題の背景や解決への糸口を事例とともに伝授する一冊です。
今回は書籍の中でも紹介しているトヨタファイナンス社の馬渕祐司様に
ゲストとして登壇していただきます。

書籍の中では『「人を大切にする組織の実現」に本気で取り組み』と題し、
取り組みの指針となるマネジメント方針と
それに基づき経営陣から本気で取り組んでいったことを特徴として
同社の取り組みを紹介しています。
ワークショップの開催だけでなく、
積極的にベテラン社員やその上司とコミュニケーションをとり、
ベテラン社員の活躍を阻害する要因に立ち向かう馬渕様から
この問題の本当の壁と、解決の鍵をお伺いします。

【日時】2016年1月12日(木)15:00~18:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_97.html

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』日本経済新聞出版社
丸善日本橋店 ビジネス書籍部門で第1位(「書籍週間ベスト10」ビジネス経済(2016/10/13~10/19))を獲得!
元アマゾン カリスマバイヤーの土井英司さんのメルマガ、ビジネスブックマラソンで紹介!

------------------------------------------------

リフレクションラウンドテーブル
ファシリテーター認定制度
◇◇ ベーシックコース 24期 25期◇◇

------------------------------------------------

人と組織の変容プログラム、
RRTの骨格となる「内省と対話」について深め、
セッション運営のためのファシリテーションのスキルとマインドを学んでいきます。
RRTの骨格である、5つのマインドセット、ベースにある理論、
具体的運営方法について学び、5つのマインドセットの内、
代表的テーマについて、セッションを体験頂きます。
また背景にあるマネジメントの権威ミンツバーグ教授の立ち位置と理論のポイントを概観し、
組織開発を進める社内ファシリテーターに広く役に立つ内容になっております。

プログラム修了生は、その後、年5回開催されているファシリテーターのコミュニティ
(無料・夕刻2時間半)への参加が可能です。
ファシリテーター同士の仲間を増やし、長く互いに学び合うことができることも
本講座の大きな特徴です。現在200名を越える修了生のコミュニティになっています。
また、ベーシックの終了生は、スタンダードの受講資格を許諾され、より本格的な学びも用意されています。

【日時】
24期:2017年1月17日(火)10:00~18:30(開場 9:45/2017年1月18日(水)9:30~17:15(開場 9:15)
25期:2017年3月7日(火)10:00~18:30(開場 9:45/2017年3月8日(水)9:30~17:15(開場 9:15)
※2日間のプログラムとなります

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_98.html

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

11月25日 小森谷浩志 連載コラム「東洋思想と組織開発」第8回

2016年11月18日配信
「ガラスの天井」が分厚い日本にこそ、リフレクションラウンドテーブルを 2016年11月18日

ジェイフィールのメールマガジン 感情ルネサンス
~仕事が面白い 職場が楽しい 会社が好きだ~
★☆「ガラスの天井」が分厚い日本にこそ、リフレクションラウンドテーブルを★☆

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

先日のアメリカ大統領選挙で「ガラスの天井」という言葉が
フォーカスされるようになりました。
多くの人が「彼女なら破れる」と思っていた天井は惜しくも破れず、
まだまだ天井が高いことを実感する結果となりました。
yahooニュースでは『米国で女性大統領誕生を阻んだ「ガラスの天井」、日本では』と題し、
日本の「ガラスの天井」はさらに分厚いと取り上げています。
「世界経済フォーラムが10月に発表した報告書では、男女格差の比較で144カ国中111位(米国は45位)」
だそうです。

また同じ記事の中で民進党代表の蓮舫氏のコメントも次のように紹介されていました。
「私としては女性議員を増やしたいのが本音です。
(中略)
女性が増えると、明らかに場の空気が変わるからです。
(中略)
男性議員だと国会運営の慣例に疑問を感じないのに対して、
女性議員は「なんで?」と素直に声をあげますから。」

「また、キャロライン・ケネディ駐日米大使と先月(2016年10月)会談しましたが、
対男性とは違う空気感がありました。
まず、会話に入るのが早い。これが男性だと、イコールなパートナーなのか、
お互いがどこに価値観を見出すのかと、入り口に若干の瀬踏みがあると思います。
ポジショニングがないと議題の意見交換に入れないような。女性ってそういうものがない。」

同じことを私たちも感じたことがあります。
「リフレクションラウンドテーブルWomen's Community」を初めてやったときのこと。
初対面の女性同士でも初日から打ち解けるのが早いこと、
そして他者の経験から学ぶのも早く、
第2回になると「アドバイス通りにやってみたらこんな変化があった」と
早くも報告があるなど、実行するのも早いこと、
これは女性ならではと感じました。

もちろん男性ならではの良さもあります。
初動に時間はかかりますが、自己開示し始めると、とことん腹を割って話します。
そこからの変化は早いです。

それぞれに良さがあるのに混ざらないのはもったいない。
互いの良さから学びあうコミュニティができれば、組織はよりよくなるはずです。
マネジメントで重要とされるのは「日々の経験から学びあうコミュニティ」ですが、
リフレクションラウンドテーブルは対話を重ね、互いの経験から学びあい、
コミュニティを形成していくプログラムです。
1人1人が変わり、コミュニティが変わり、やがてコミュニティの輪が広がっていくと
組織を変えていく力になります。
今は男性だけでのリフレクションラウンドテーブルが多いですが、
将来は女性の参加者も増えて、男女の参加者が同じくらいの人数になると
多角的な対話ができるのではと思います。

まずはリフレクションラウンドテーブル体験会で
「内省と対話」を体験してみませんか。
初対面の参加者同士、対話をするとどのような気付きがあるのか、
ぜひ体験してください。
皆様のご参加をお待ちしております。


★10月5日~8日に開催した世界大会の様子を順次HPでアップしております。
こちらもぜひお読みください。

1日目レポート 
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/10/13/post_88.html

2日目レポート(オープニングセッション)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/08/_1105.html

2日目レポート(海外事例の発表)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/18/_2106.html

------------------------------------------------

【目次】

1)リフレクションラウンドテーブル体験会

2)自分たちの取組みを未来につなげたいと思っている皆様へ
人材開発を未来の組織づくりにつなげる
~自分たちの取組みを再編集して、未来組織シナリオに仕上げませんか~

3)1月12日開催 出版記念セミナー ~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

4)リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
ベーシックコース 24期 25期

5)What's NEW!!

------------------------------------------------

【無料セミナー】

ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクションラウンドテーブル』体験会


------------------------------------------------

どうしたら、マネジャーが育つのだろうか?
どうしたら、もっと組織がいきいきとするのだろうか?
奥の深い問いであり、決してひとつの正解があるものではないと思います。

リフレクションラウンドテーブルは、この2つの根源的なテーマに取り組むプログラムです。
2007年からスタート、ここまで、約50社1500名のマネジャーが参加してきました。
12名のマネジャーが、週に1回集まり、75分間、内省と対話を30回繰り返して行きます。
※プログラム内容のカスタマイズにつきましてはご相談ください

あるマネジャーが次のような打ち明け話をしてくれました。
「実は、毎朝、目が覚めると、ベットの中で会社に行くか、行かないか葛藤して、
なんとか這うように、会社に来ていたんです。
でも、このリフレクションラウンドテーブルが進んでいく中で、
ある朝、会社に行くか行かないか悩んでいない自分に気づいたんです。
この場は、私に力をくれました」

リフレクションラウンドテーブルでは、 自分のマネジメントに真摯に向き会うと共に、
参加者同士の関係を深めていきます。
この2つが、マネジャーの力になり、マネジャーと組織の自主的な変容を促して行きます。
是非、この機会にその一端をご体験下さい。お待ちしております。

【日時】
2016年11月24日(木)10:00~12:30(開場 9:30)
2016年12月16日(金)14:00〜16:30(開場 13:30)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_96.html

※2016年10月5日~8日にわたり、リフレクションラウンドテーブル世界大会を開催いたしました。
国内外からのべ300名を超える方々にご参加いただき、多様なセッションを行うことができました。
大会レポートはこちら
1日目 /blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/10/13/post_88.html

2日目
オープニングセッション /blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/08/_1105.html
海外事例の発表 /blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/18/_2106.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】年末対話セミナー

自分たちの取組みを未来につなげたいと思っている皆様へ
人材開発を未来の組織づくりにつなげる
~自分たちの取組みを再編集して、未来組織シナリオに仕上げませんか~


------------------------------------------------

 今年のジェイフィールも、みなさんとともに、多くの課題に取り組んできました。
マネジャーだけでなく、女性たちが互いの経験を持ち寄り、自分たちらしい働き方、
マネジメントの仕方を見つける応援をしたい、
ベテラン社員がラインを外れても自分の仕事への思いを取り戻し、
イキイキと働ける風土をつくりたい、
おとなしいといわれる若手社員が内なる思いに気づき、
自然と前に踏み出せるリーダーになってほしい、
経営幹部人材が未来志向で社員と向き合い、
新たな文化をつくるリーダーに革新してほしい・・・。
こうした思いを受けて、多くの取組みを支援させていただきました。
そして、これらの取組みが連動し、組織を変える大きな力となっている企業も増えてきました。
本セミナーでは、こうした取組みをどう連動させ、未来の組織づくりにつなげていくか、
その鍵がどこにあるかを考えていきます。
年末の振り返りとともに、この先10年を見据えた人材開発・組織開発の未来シナリオを
一緒につくってみませんか。

【日時】2016年12月15日(木)14:00~17:00(開場 13:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/1_1.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】ゲストあり!

1/12開催 出版記念セミナー
~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~


------------------------------------------------

2016年からの10年で、大企業(従業員1000名以上)では
約340万人の50代非管理職が生まれると推定されます。
バブル期入社組の高年齢化が進み、
多くの企業でシニア、ベテラン社員の活性化が課題となっています。
また雇用延長などの背景もあり、どうすればキャリア全体を通じ
イキイキ活躍してもらえるかが多くの企業で課題となっています。

この課題について、弊社コンサルタントの片岡裕司が書籍を出版いたしました。
問題の背景や解決への糸口を事例とともに伝授する一冊です。
今回は書籍の中でも紹介しているトヨタファイナンス社の馬渕祐司様に
ゲストとして登壇していただきます。

書籍の中では『「人を大切にする組織の実現」に本気で取り組み』と題し、
取り組みの指針となるマネジメント方針と
それに基づき経営陣から本気で取り組んでいったことを特徴として
同社の取り組みを紹介しています。
ワークショップの開催だけでなく、
積極的にベテラン社員やその上司とコミュニケーションをとり、
ベテラン社員の活躍を阻害する要因に立ち向かう馬渕様から
この問題の本当の壁と、解決の鍵をお伺いします。

【日時】2016年1月12日(木)15:00~18:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_97.html

------------------------------------------------

リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
ベーシックコース 24期 25期


------------------------------------------------

人と組織の変容プログラム、
RRTの骨格となる「内省と対話」について深め、
セッション運営のためのファシリテーションのスキルとマインドを学んでいきます。
RRTの骨格である、5つのマインドセット、ベースにある理論、
具体的運営方法について学び、5つのマインドセットの内、
代表的テーマについて、セッションを体験頂きます。
また背景にあるマネジメントの権威ミンツバーグ教授の立ち位置と理論のポイントを概観し、
組織開発を進める社内ファシリテーターに広く役に立つ内容になっております。

プログラム修了生は、その後、年5回開催されているファシリテーターのコミュニティ
(無料・夕刻2時間半)への参加が可能です。
ファシリテーター同士の仲間を増やし、長く互いに学び合うことができることも
本講座の大きな特徴です。現在200名を越える修了生のコミュニティになっています。
また、ベーシックの終了生は、スタンダードの受講資格を許諾され、より本格的な学びも用意されています。

【日時】
24期:2017年1月17日(火)10:00〜18:30(開場 9:45)/2017年1月18日(水)9:30〜17:15(開場 9:15)
25期:2017年3月7日(火)10:00〜18:30(開場 9:45)/ 2017年3月8日(水)9:30〜17:15(開場 9:15)

※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【参加費】¥150,000(消費税別) 
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_98.html

★ベーシックコース23期の参加者から感想をいただきました。
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/10/4_1.html

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

2016年11月10日 日経BizGateにて、片岡裕司コラム
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』がスタートしました

2016年11月15日 『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』が
ビジネスブックマラソンで紹介されました!

2016年11月18日 【リフレクションラウンドテーブル世界大会 リポート】
2日目海外事例の発表・10月6日

2016年11月10日配信
「かつて日本ではこのコミュニティシップが強い企業が多かった。 それが薄れている。」 2016年11月10日

ジェイフィールのメールマガジン 感情ルネサンス
~仕事が面白い 職場が楽しい 会社が好きだ~
★☆「かつて日本ではこのコミュニティシップが強い企業が多かった。
それが薄れている。」★☆

平素よりメールマガジンをご覧いただき、
誠にありがとうございます。
ジェイフィールの山田です。

「リーダーシップを求めすぎて、マネジメントがおろそかになっている。
偉大なリーダーやヒーローが何かを変えるというのを待つのではなく、
大事なのは日々の中で何が起きているのかを理解し、向き合うマネジメント。
そこをおろそかにしてはいけない。」

これはリフレクションラウンドテーブル世界大会での
ヘンリー・ミンツバーグ教授の言葉です。
「混乱した時代には、強力なリーダーシップを求める声も大きくなるのではないか」
という問いに対し、このようなメッセージを語りました。

教授はリフレクションラウンドテーブルの生みの親ですが、
理論よりも、現場のマネジャーに日々起きていることを重要視する人です。
故に、日々の経験から学びあうコミュニティの重要性を説いています。

「互いに敬意を持ち、信頼し合い、助け合うコミュニティシップが、組織を変えていく力になる。
かつて日本ではこのコミュニティシップが強い企業が多かった。
それが薄れている。しかし、無くしたわけではない。
コミュニティは自然な関係から生まれるもの。
お互いを知り、理解することから生まれるものである。」

私たちは今、改めてこの言葉を噛み締めなければいけないのかもしれません。
ライフスタイルや生き方に多様性が生まれてきた今の時代には
「互いに敬意を持ち、信頼し合い、助け合う」ということが
以前のようにはできなくなってきました。
しかしこれからは、もっと多様で、
働き方、学び方、人種や言語や文化も入り混じる時代になると言われています。
日本は島国で、「入り混じる」ことに慣れていません。
「かつてコミュニティシップが強い企業が多かった」のは言わば当然のことで、
これからの時代に強いコミュニティシップを発揮できるかどうか、
これこそが今私たちに問われているのではないでしょうか。

リフレクションラウンドテーブルは組織の中で強いコミュニティをつくっていくことを
ひとつの目的としています。
リフレクションラウンドテーブル体験会は、セッションの一部体験を交えて
このプログラムについてご紹介する無料セミナーです。
ぜひ、ご参加ください。


★世界大会の様子は順次HPでアップしております。

1日目レポート
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/10/13/post_88.html

2日目レポート(オープニングセッション)
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/08/_1105.html

------------------------------------------------

【目次】

1)リフレクションラウンドテーブル体験会

2)1月12日開催 出版記念セミナー ~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

3)リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
ベーシックコース 24期 25期

4)11月16日開催 出版記念セミナー ~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

5)What's NEW!!

6)編集後記

------------------------------------------------

【無料セミナー】

ヘンリー・ミンツバーグが生んだプログラム
『リフレクションラウンドテーブル』体験会

------------------------------------------------

どうしたら、マネジャーが育つのだろうか?
どうしたら、もっと組織がいきいきとするのだろうか?
奥の深い問いであり、決してひとつの正解があるものではないと思います。

リフレクションラウンドテーブルは、この2つの根源的なテーマに取り組むプログラムです。
2007年からスタート、ここまで、約50社1500名のマネジャーが参加してきました。
12名のマネジャーが、週に1回集まり、75分間、内省と対話を30回繰り返して行きます。
※プログラム内容のカスタマイズにつきましてはご相談ください

あるマネジャーが次のような打ち明け話をしてくれました。
「実は、毎朝、目が覚めると、ベットの中で会社に行くか、行かないか葛藤して、
なんとか這うように、会社に来ていたんです。
でも、このリフレクションラウンドテーブルが進んでいく中で、
ある朝、会社に行くか行かないか悩んでいない自分に気づいたんです。
この場は、私に力をくれました」

リフレクションラウンドテーブルでは、 自分のマネジメントに真摯に向き会うと共に、
参加者同士の関係を深めていきます。
この2つが、マネジャーの力になり、マネジャーと組織の自主的な変容を促して行きます。
是非、この機会にその一端をご体験下さい。お待ちしております。

【日時】
2016年11月24日(木)10:00~12:30(開場 9:30)
2016年12月16日(金)14:00~16:30(開場 13:30)

【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_96.html

※2016年10月5日~8日にわたり、リフレクションラウンドテーブル世界大会を開催いたしました。
国内外からのべ300名を超える方々にご参加いただき、多様なセッションを行うことができました。
大会レポートはこちら
1日目 /blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/10/13/post_88.html
2日目 /blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/08/_1105.html

------------------------------------------------

【無料セミナー】ゲストあり!

1/12開催 出版記念セミナー
~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

------------------------------------------------

2016年からの10年で、大企業(従業員1000名以上)では
約340万人の50代非管理職が生まれると推定されます。
バブル期入社組の高年齢化が進み、
多くの企業でシニア、ベテラン社員の活性化が課題となっています。
また雇用延長などの背景もあり、どうすればキャリア全体を通じ
イキイキ活躍してもらえるかが多くの企業で課題となっています。

この課題について、弊社コンサルタントの片岡裕司が書籍を出版いたしました。
問題の背景や解決への糸口を事例とともに伝授する一冊です。
今回は書籍の中でも紹介しているトヨタファイナンス社の馬渕祐司様に
ゲストとして登壇していただきます。

書籍の中では『「人を大切にする組織の実現」に本気で取り組み』と題し、
取り組みの指針となるマネジメント方針と
それに基づき経営陣から本気で取り組んでいったことを特徴として
同社の取り組みを紹介しています。
ワークショップの開催だけでなく、
積極的にベテラン社員やその上司とコミュニケーションをとり、
ベテラン社員の活躍を阻害する要因に立ち向かう馬渕様から
この問題の本当の壁と、解決の鍵をお伺いします。

【日時】2016年1月12日(木)15:00~18:00(開場 14:30)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_97.html

------------------------------------------------

リフレクションラウンドテーブル ファシリテーター認定制度
ベーシックコース 24期 25期

------------------------------------------------

人と組織の変容プログラム、
RRTの骨格となる「内省と対話」について深め、
セッション運営のためのファシリテーションのスキルとマインドを学んでいきます。
RRTの骨格である、5つのマインドセット、ベースにある理論、
具体的運営方法について学び、5つのマインドセットの内、
代表的テーマについて、セッションを体験頂きます。
また背景にあるマネジメントの権威ミンツバーグ教授の立ち位置と理論のポイントを概観し、
組織開発を進める社内ファシリテーターに広く役に立つ内容になっております。

プログラム修了生は、その後、年5回開催されているファシリテーターのコミュニティ
(無料・夕刻2時間半)への参加が可能です。
ファシリテーター同士の仲間を増やし、長く互いに学び合うことができることも
本講座の大きな特徴です。現在200名を越える修了生のコミュニティになっています。
また、ベーシックの終了生は、スタンダードの受講資格を許諾され、より本格的な学びも用意されています。

【日時】
24期:2017年1月17日(火)10:00~18:30(開場 9:45)/2017年1月18日(水)9:30~17:15(開場 9:15)
25期:2017年3月7日(火)10:00~18:30(開場 9:45)/ 2017年3月8日(水)9:30~17:15(開場 9:15)

※連続2日間コース(2日間受講できる方が対象となります)

【参加費】¥150,000(消費税別)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_98.html

★ベーシックコース23期の参加者から感想をいただきました。
/blog/article/gokigen-na-syokuba/2016/11/10/4_1.html

------------------------------------------------

★来週開催!【無料セミナー】ゲストあり!

11/16開催 出版記念セミナー
~「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント~

------------------------------------------------

NTTコミュニケーションズ様では、昨年度から50代の社員に対し、
キャリアデザイン研修と節目面談をスタートし、70%以上の受講者に行動変容が
見られるという大きな成果を挙げられています。
「変わるべきは人事」と説く浅井様のお話を中心に、
ベテラン社員の更なる活躍に向けた処方箋を一緒に考えていきたいと思います。

【日時】2016年11月16日(水)15:30~18:30(開場 15:00)
【会場】株式会社ジェイフィール(渋谷MKビル6階/JR渋谷駅徒歩8分)
【お申込み】/seminar/detail/post_95.html

------------------------------------------------

What's NEW!!

------------------------------------------------

2016年11月4日 人事マネジメント11月号 あとがきのあとがきに
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』についてメッセージが掲載されました

2016年11月8日 【リフレクションラウンドテーブル世界大会 リポート】
2日目オープニングセッション・10月6日

2016年11月10日 女性向けリフレクション・ラウンドテーブル 立川市の取り組み 第3回

2016年11月10日 リフレクションラウンドテーブル スタンダードコース第4期が
無事終了いたしました

2016年11月10日 リフレクションラウンドテーブル ベーシックコース第23期が
無事終了いたしました

------------------------------------------------

編集後記

------------------------------------------------

先日開催された
「WORKSIGHT LAB. エグゼクティブセミナー
THE 100-YEAR LIFE ~100歳まで生きる時代のワークスタイル~」
に弊社メンバーが行ってきました。
登壇者はリンダ・グラットン氏(ロンドン・ビジネススクール教授)、
石川善樹氏(予防医学研究者・医学博士)、
齋藤敦子氏(コクヨ株式会社 RDIセンター所長)の3名。
リンダ・グラットン氏、アンドリュー・スコット氏が出版した
「LIFE SHIFT」の発売を記念しての来日講演でした。

私は行けなかったのですが、講演報告を聞き、「LIFE SHIFT」を目下熟読中です。
感想をひと言で言うなら、「愕然」という感じでしょうか。
私が想像していた以上に世の中は変わるようです。
私は自分が100歳まで生きるなんて想定したことがありません。
しかしリンダ・グラットン氏によると、100歳まで生きる人は増え続けており、
準備していないと「老後」だけが長くなって辛い思いをする可能性があるのだとか。

100歳まで生きることがマジョリティになると、もちろん65歳定年ではなくなります。
社会保障や老後の資金のことを考えると80歳まで働かなくては生きていけなくなる。
そうなったときに、今の働き方を続けられるでしょうか。
20代~30代で学んだ知識と経験、それに肉付けしていくだけで
80歳定年まで突っ走れるとも思えません。
AIの進化などにより、新しい学びを得ないと職を得られなくなることも考えられます。

リンダ・グラットン氏によると
これからの長寿時代、今までのように
「同時代に学校に行き、就職し、定年退職する」という
画一的な生き方ではなくなり、
大学を卒業してすぐに就職しなくても、何歳で入社してもいいし、
40歳で仕事を休んで学びの時間をつくってもいいし、
一度離れて戻ってもいいし・・・というように、
休んだり、スキルを構築したりする時期がありながら、
長く働き続けることが必要になるのだそうです。
もちろん、政府も企業もそれに対応しなければならなくなります。
また、今は高い専門性のあるスキルだと思われているものが
数年後には無価値になる、ということも現実になります。
キャリアの途中で新しい学びを得なければ働き続けられないのです。

しかし考えてみれば、ずっとそうしたかったような気がします。
社会人になってからも勉強の時間がほしいと思うことはあったし、
長期の旅に出たいと思うこともありました。
ですがブランクができることが強いマイナスイメージになる印象があり、
踏み切ることは難しかったです。
「80歳まで働くのか」と思うと愕然としましたが、
一度レールに乗ったらその先がほぼ決まるような生き方ではなくなる、と思うと
それはいいなと思います。

まだ現実的には変化の実感が少ないですが、
恐らく想像以上に早いスピードでそんな時代がやってくるのでしょう。
「LIFE SHIFT」を読んでいると、新時代が迫ってきます。
生き方は自分次第で何歳からでも変えられる。
100歳まで生きるとしたら、あなたはどのようなワークスタイルを選びますか?

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.