printHead

J.Feel

ジェイフィールは、良い感情の連鎖を起こすことで、
人と組織の変革を支援するコンサルティング会社です。

メールマガジン

お問い合わせ

協力し合える職場づくり研修

ギスギスした職場、お互いに関わり合えない不機嫌な職場が増えている。
お互いに、こうした職場は良くないと思っていても、議論できない。
管理職だけが孤軍奮闘しても、メンバーはついてこない。
職場のメンバー全員のモードをここできちんとリセットしたい。

本研修では、職場のメンバー全員が本当はお互いの関係がどうありたいのかを素直に出し合い、ベースとしての相互理解を深めた上で、お互いが気持ちよく働ける良い職場づくりのための第一歩の取り組みを考えます。

目的 良い職場づくりをみんなで取り組んでいこうというモードをつくる
対象 職場のメンバー全員、複数職場で同時に実施することも可能
部長層、課長層、中堅・若手層に実施することもあります
期間 1日
適正人数 10〜30名
費用 80万円〜
(企画内容により異なります。内容と合わせてご相談ください)

プログラムの特長

1.素直な感情を引き出します
いきなり職場の問題点を出し合おうといっても、距離を感じ、不信感を抱いている場合は、本音はなかなか出てきません。良い職場の事例を見ながら、心の中にある本音、つぶやきを出すことから始めます。
2.人間理解を深めます
お互いの関係を良くしたいと思っても、実際には自分のちょっとした振る舞いが相手に誤解を与え、関係を壊してしまうことがあります。こうした人間の行動と認識に関する基本原則を学びます。
3.良い職場づくりのための第一歩を踏み出します
自分たちが良い仕事ができるためには、どのような関係づくりが必要なのか。そのために何から共有すべきかを議論し、そのための第一歩の取り組みを決めていきます。

プログラムの内容

時間
概要
午前
1. 良い職場とは
・良い職場の事例をみる
・メンバーシップ
・自分の中にある素直な気持ちを開示
午後
2.人間の行動を理解する
・不機嫌な職場が生まれる構造
・他者理解の難しさ
・誤解が生まれるメカニズム
・援助行動、協力行動
午後
3. 協力行動を生み出す仕掛け
・良い職場づくりの取り組み事例
・職場づくりのコンセプト
・コンセプトを実現する仕掛け、取り組み
午後
4. 自己開示
・感じたこと、自分のことを話してみる

お客様の声

  • こんな職場のままでは良くないと思っていたのが、自分だけじゃない、他の人たちもそう思っていたんだということがわかって、安心した。
  • 良い職場がどんな職場なのかイメージできなくなっていた。こんな職場だったらいいと思える職場のイメージが共有できた。
  • 忙しいとつい相手のことを考えない振る舞いをしている自分に気づかされた。不機嫌な職場をつくっているのは、結局自分だったということがよくわかった。
  • 自分からできることが、たくさんあるということがわかった。まずは、挨拶や感謝の気持ちを伝え合うことから始めたい。
  • 自分だけでは変えられないし、誰かが変えてくれるのも待っていても仕方ない。みんなで変えていく気持ちを持つことが大事。

前のページ
職場づくり運動

次のページ
コミュニケーション体感研修

共有する・あとで読む

  • 印刷する

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 
ワクワクする職場をつくる。
ワクワクする職場をつくる。
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ(台湾版が出版)
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
「苦労話」はすればするほど職場がよくなる
協奏する組織
協奏する組織

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.