ご機嫌な職場日記

【アーカイブ無料配信】
人と組織と社会をつなぎ、未来を拓く
~2022年、わたしたちはこれからどこへ動き出すか~
2022年1月14日

20220114_event_mv_draft_2-thumb-600xauto-3208.png

【セミナー概要】
一人ひとりが、今までとは異なる環境に置かれる中で、自分にとって何が大切なのか、
どういう生き方をしたいのかを考え、踏み出していける良いチャンスなのかもしれない。
でも、気づくと、バラバラになるだけかもしれない。静かなる分断を生むかもしれない。
人と組織と社会がつながっている感覚を取り戻し、新しい世界をつくりだせないのか。

一人ひとりが自分らしい人生を生きるために、
組織でともに働く仲間たちがみんなで幸せを探究するために、
社会に広がる様々な課題を乗り越えて、人類が新たな生き方を見出すために、
わたしたちは何をしていったらよいのか。
私たちジェイフィールメンバーの各々の経験と思いをお伝えしながら、
ご自身の中にもある思いをつなぐお手伝いができたらと思います。

1.個人の思いと組織の思いを重ねる 高橋克徳
- ジェイフィールの思いをみんなで問い直そう

2.ライフデザインとキャリアデザインをつなげる 北村祐三
- キャリアデザインの考え方を根本から変えたい

3.個人の思いと社会課題をつなぐ 村田 太
- 夢の応援活動を会社に、社会に広げたい

4.企業活動と社会課題をつなぐ 山中健司
- 人起点で社会課題解決企業に変わろう

5.人と組織と社会をつなぐ 全員
- すべてはつながっている感覚を取り戻すには


【アーカイブ無料配信:申込】

 

アーカイブ視聴ご希望の方は上記ボタンをクリックの上、お申込みフォームに必要事項をご記入ください。
フォーム送信後の最終画面に動画視聴URLがリンクされております。そこから動画視聴ができます。
*フォームにアクセスできない方、URL表示がわからない方は、(seminar@j-feel.jp)までメールにてご連絡ください。


【アーカイブ視聴期間】2022年1月14日(金)- 2022年1月31日(月)

【アーカイブ無料配信】
経営学の泰斗 ミンツバーグ教授からのメッセージ
2021年12月24日

93f1acb4d92c05b226d94f651b07d4da2809bfbf-thumb-600xauto-3177.png

【セミナー概要】
世界中を混乱に陥れたパンデミックは、私たちに何を残すのでしょうか?
経営の世界でも、にわかにSDGsやESG(環境・社会・ガバナンス)投資が話題になっています。
経営学に大きな影響を持つ異端児、ヘンリー・ミンツバーグ教授は、「パンデミックが地球を救えるか」と投げかけます。
経営学者でありながら、常に一人の人間としての感性を失わない彼は、徐々に表面化しつつあった世界の矛盾を、パンデミックは一気に表出化したのだと言います。しかも誰もが目を背けられないような形で。

こうした感覚は、私たちの日常生活で感じる矛盾や葛藤と相通じるものがあるように思います。
ジェイフィールでは、この夏、3回にわたってミンツバーグ教授との対話会を開きました。
セクター(民間・公共・NGO等の社会的組織)の違いを越えて、今まさに問われている、
社会や会社のあり方、そして個人の生き方や働き方など根本的なテーマについて話し合いました。
今回は、ミンツバーグ教授が訴えていることを糸口にして、そこから立ち上がった活動「リ・バランシング・ソサイエティ」も紹介、私たちのこれからを共に探究して参りましょう。

※ミンツバーグ教授は映像にて出演、映像はこの夏の対話会の要約版となります。

【プログラム】

1.ミンツバーグ教授からのメッセージ(録画)
2.対話会で出てきたキーワード
3.リバラシングソサエティにむけた活動の紹介
※RBSの取組みに参画されたメンバーの方々に登壇いただき、それぞれの思いとこれからの活動について、対話形式でお伝えします。

【Guest Speakers】
リバランシング・ソサエティ・ジャパンのメンバー

【セミナー詳細】/seminar/detail/_z.html


【アーカイブ無料配信:申込】

 

アーカイブ視聴ご希望の方は上記ボタンをクリックの上、お申込みフォームに必要事項をご記入ください。
フォーム送信後の最終画面に動画視聴URLがリンクされております。そこから動画視聴ができます。
*フォームにアクセスできない方、URL表示がわからない方は、(seminar@j-feel.jp)までメールにてご連絡ください。


【アーカイブ視聴期間】2021年12月24日(金)- 2022年1月21日(金)

【開催レポート】デジタル時代のウェルネスマネジメント~真の健康経営とは~ 2021年12月15日

HP用ちらし.jpg

本ウェビナーでは、健康経営の誤解と問題点をあぶり出し、真の健康経営とは何かを探求し、具体的な実践方法をご紹介しております。
皆さんの日常生活にヒントとなることも詰まっておりますので、ぜひご覧くださいませ。

その内容をレポートにまとめましたので、よろしければご覧ください。
下記をクリックください。↓(ダウンロード・印刷もできます)

【開催レポート】コミュニティシップがつなぐ未来 DeNA社の取り組みから考えるコミュニティとは 2021年11月18日

40cd8be03fe1319b3c7419877f7b11d23d9a95cb-thumb-600xauto-3008.png

リモートワークやテレワークの推進により、これまで当たり前に存在した居場所(職場)の意味が変わる中、どのようにコミュニティシップをつくり上げていったのか。
DeNA社の実践を通して、コミュニティシップがつなぐ未来を探っていきました。
DeNA社 坂本様、平子様の思い、行動力、仲間を大切にする姿から、これぞコミュニティシップというものが感じられる時間になりました。

その内容をレポートにまとめましたので、よろしければご覧ください。
下記をクリックください。↓(ダウンロード・印刷もできます)
【ホワイトペーパー版】DeNAコラボセミナー.pdf

【開催レポート】ベテラン上司と若手メンバー、分断した組織をつなぎ合わせるカギとは何か?
~「やるべき仕事」から「やりたい仕事への転換」~ 2021年7月29日

日本の人事部向け_機電セミナーちらし.jpg

今、多くの組織のなかで「静かなる分断」が起きている。人間関係が悪いわけではないけど、何となく言いたいことが言える場にはなっていない。目の前の仕事をこなしていくための関係性はあるけど、心の中にある思いをつなげていく仲間にはなっていない。業務の中で感じたことを周囲と話しても、何も生まれないと思っているのです。
今回のセミナーでは、そんな「静かなる分断」がどのようにつなぎ合わされていったのか、その結果、どんなことが起きたのかを、日本車輛株式会社 機電本部様での取り組み事例をもとに迫っていきました。


その内容をレポートにまとめました。
よろしければ、御覧くださいませ。

下記をクリックください。↓(ダウンロード・印刷もできます)
【ホワイトペーパー版】機電セミナーv3.pdf

【開催レポート】先進事例からニューノーマル時代の新人育成を考える
~おせっかいによる新人育成の変革事例~ 2021年7月27日

ちらし_Peatix_July2_オンボーディング.jpg

6月25日に「先進事例からニューノーマル時代の新人育成を考える」を開催し、参加者からは多くの反響を得ることができました。
本セミナーでは、今の時代の新人育成には「おせっかい」が鍵であることを伝えています。
トレンドマイクロ社の新井谷様、ネクスウェイ社柳田様をお招きし、具体的な事例を紹介していただき、新しい新人育成(オンボーディング)の形をご披露いただきました。

その内容をレポートにまとめました。
よろしければ、御覧くださいませ。

下記をクリックください。↓(ダウンロード・印刷もできます)
先進事例からニューノーマル時代の新人育成を考える_ホワイトペーパー.pdf

【セッション専用バーチャル背景】ミンツバーグ教授との対話 2021年7月4日

グランドルール「違いを楽しむための3つの約束」入りバーチャル背景

お好きなバーチャル背景をダウンロードして、参加できます。
あなたはどれがお好みですか!?

【画像保存の方法】
①画像をクリックして表示
②画像を右クリックして「名前をつけて画像保存」

【バーチャル背景への取り込み方法】
①アプリでZoomにサインインする
②「設定」➡「背景とフィルター」を開く
③バーチャル背景 の「+」マークをクリック
④好きな画像をアップする
*無料アカウントでも、スマホでも設定できます
参考サイト:Zoomヘルプセンター「バーチャル背景」


① 紺碧の空
スライド1.JPG

②ミンツバーグとの対話
ミンツバーグ.JPG

③木陰
スライド2.JPG

④ビジー
スライド3.JPG

【開催レポート】人生100年時代を味方にする人材マネジメント~NTTコミュニケーションズ社、7年間の奮闘記~ 2021年4月2日

Peatix用 カバー画像(Nコム対談)3.png

3月16日に開催しました「人生100年時代を味方にする人材マネジメント」に、100名を超える方々がご参加くださいました。
今回は、NTTコミュニケーションズの浅井様にご講演をいただき、シニア・ベテランの活性化に関する7年間の取組みから見えてきた独自の原則が示され、加えて人事担当の本気度が組織に与えるインパクトの大きさとそれゆえの責任感が求められるというお話に、胸を打たれた方も多かったのではないでしょうか。

さて、今回のセミナーの内容をレポートにまとめました。
浅井様のお話のポイントがつかめると思いますので、是非 ご覧ください。

下記をクリックください。↓(ダウンロード・印刷もできます)
【レポート】NTTコミュニケーションズ7年間の奮闘記.pdf

【開催レポート】関係革新セミナー:サマリー映像公開
~未来を切り拓く組織の関係性とは~ 2021年2月4日

■関係革新セミナー表紙.png

全4回シリーズで開催しました関係革新セミナーのサマリー映像を公開します!
参加いただいた方も、忙しくてご参加いただけなかった方も、これからの関係性について、仲間の皆さまと対話する機会にしていただければと思いますので、是非 ご覧ください。


関係革新セミナーは、
「わたしたちは今、未来へつながる本質的な課題と向き合えているだろうか?」
という問いから始まりました。

人との距離感はどうなっていくのだろう?
お互いが見えなくなる、だからジョブで管理?成果で評価?
分かる気もするけど、これは手段の話。もっと根幹が問われているのではないでしょうか。

上司って本当に必要なのだろうか。職場の仲間とどんな関係でいたいのか、なぜこの仕事をしているのか、なぜこの会社で働いているのだろうか...。
こういうモヤモヤと向き合って、対話していくことが必要なのではないでしょうか。


対話を止めず、一人一人の感情を大切にしていく。
感情と思いをつなげ、皆で一緒に変化を生み出していく共創の変化。

私達に必要なのは、目の前の人とどう利他で関わりあえるか、
それを応援しあえるかという間人主義なのかもしれません。

受容してくれる仲間、応援してくれる仲間がいる。
そんな場が一人一人の思いを育み、一歩を踏み出す勇気を与える。
それが職場の意味、一緒に働く意味なのではないでしょうか。

これからも、できるだけ多くの企業の方々と共に
未来を創っていけたらと思います。

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第4弾!
孤立する人をつくらず、ともに変化する職場をつくる
~テキスト公開 ~ 2021年2月4日

開催レポート:関係革新セミナーシリーズ第4弾!

関係革新セミナー第4回 職場のメンバー同士の関係革新
「孤立する人をつくらず、ともに変化する職場をつくる」
~あなたの組織の関係の土台、揺らいでいませんか?~

「閉じこもる働き方」「対話や議論が出来ない」「お互いが見えない」ことにより、
働く喜びが見いだせない、想いや志が出てこない、仲間の大切さが分からない。

そんな、お互いが関わりあえない職場は、コロナ禍により「職場で孤立する人々」を益々増やしてしまいました。
そういった職場が増えていくなか、職場の仲間同士の関係性はどうあるべきなのか?

今回は株式会社テプコシステムズ様の担当者様との全6回の研修をもとに、お互いが信頼関係でつながり、
新しいことを提案し合う職場のあり方を改めて考えていきました。

研修目的はイキイキした職場を目指す事、そのためまずは職場の関係性を構築していきました。
そんな矢先、コロナにより研修を急遽ストップすることに...。培いはじめた関係性への薄れが危惧されるなか
「こんな時期だからこそコミュニケーションが必要だ!」という担当者様の思いからオンラインでの研修を再開。

再開後の研修では、各自が抱えるお互いの困り事や溜まっていた思い
「コロナでこの先の仕事はどうなるか」「職場のコミュニケーションが減っている」
この先どうしていけばいいかといった、素直な気持ちを共感し合うなかで、少しずつお互いに踏み込む関係性が出来始めました。

次の研修では、皆の困り事を起点に現状を話し合い、コロナ前に当たり前だった事柄や業務への問い直しと未来への対話を重ねました。
不安点や困り事を共感し合うなかで、信頼関係の土台が醸成され、前向きに課題に向き合う姿勢が育まれていきました。

さらに次の研修では、本当に職場で変えていきたい事を対話しました。
特にオンラインでの偶発的なコミュニケーションの取りにくさの解消施策を考えるなか、職場で大切にしたい事の本質に改めて向きあいました。
そういった点に一人一人が向き合うことで、「自分達でこの状況を切り開けるかも」という期待感や前向き感が生まれました。

また、ここで大きな研修効果をもたらしたのは担当者様の「なんとか私も頑張らなくては」という熱意でした。
本当は出席したかったが、急遽仕事の障害や家庭の事情で欠席せざるをえなくなった申し訳ない...という無念感が
伝わるメールの数々に心を動かされ、全欠席者に自身が講師となって自主的にフォロー研修を複数回実施。
また、ワーキングチームと共に受講者がより話しやすくなる取り組みも始めました。
その甲斐があり受講者の熱量が向上していきました。

最後の研修では、今までのふりかえりと大切にしたい事、具体的に職場で一人一人が何をしていくかを語り合いました。
素直に感謝の気持ちを伝える言葉、これをすべきだと真剣に語る姿、そんな一人一人のメッセージが重なり合い、
自分事だけではなく、チームのために頑張っていきたいという思いに研修の場が変化していきました。

研修後の組織感情診断では、多くのチームでイキイキする職場の目的を達成。研修当初の思いが形になりました。
また、その後の施策としてコミュニケーションの場を若手メンバーが運営。この点いた火を冷まさないため、
対話を常に重ねながら大きな動きを現在も起こし始めています。

一人一人の意識が変わり、それが大きな変化を少しずつ生み出した。束ねたら大きな職場の変化に繋がっていた。
担当者様の熱意×受講者の熱意×J.feelの熱意が大きな感情のうねりを起こし、
組織の雰囲気を変革する動きに繋がった株式会社テプコシステムズ様の事例でした。

コロナ禍によって、改めて可視化された職場の姿
本当にこのままでいいのでしょうか?

対話を止めず、一人一人の感情を大切にしていく。
感情と思いをつなげ、皆で一緒に変化を生み出していく共創の変化。

私達に必要なのは、目の前の人とどう利他で関わりあえるか、
それを応援しあえるかという間人主義なのかもしれません。

これからも、できるだけ多くの企業の方々と共に
未来を創っていけたらと思います。

最後に、当日の投影した資料は以下から
ダウンロードできますので、是非、身近な人と
問題意識を共有してみてください。

第4回メンバー同士でつながるVr3.1.pdf
4-1.png

月別アーカイブ

共有する・あとで読む

ページトップへ戻る

J.Felの出版物

「目標が持てない時代」のキャリアデザイン 限界を突破する4つのステップ
「目標が持てない時代」のキャリアデザイン 限界を突破する4つのステップ
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
ワクワクする職場をつくる。【ハンディ版】
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える
みんなでつなぐリーダーシップ
みんなでつなぐリーダーシップ
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
週イチ・30分の習慣でよみがえる職場
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
『「ベテラン社員」がイキイキ動き出すマネジメント』
イキイキ働くための経営学 
イキイキ働くための経営学 

電話でのお問い合わせ 03-5457-3470 受付時間 平日10時?18時

フォームでのお問い合わせ 24時間受け付けております

printFoot

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.

株式会社ジェイフィール

東京都渋谷区渋谷3-3-2 渋谷MKビル6F

DigiCert Seal

Copyright © 2008-2015 J.Feel Inc All Rights Reserved.